自己紹介~活動報告~私の思い

あきた訪問フットケアの小松純子です

ブログを始めることにしました!



「フットケアは魅力的でも、得体のしれない人がやってると思うと不安・・・」
という方もいらっしゃるかもしれないので、

私がどんな人生送ってきたか等々、書いてみようと思います。



4~6歳頃
障害者支援施設で働く看護師の母に憧れる。「将来の夢は看護婦さん」


6~15歳
父母の影響で様々な医療系マンガを読む。好きだったマンガ:「メスよ輝け」
衛生看護科のある大舘桂高校に進学。


15歳~18歳
病院実習で初めての白衣に浮かれるが自分の要領の悪さに直面する。
看護師になるか進路を迷い悩んだが、このまま進んでみることに。
准看護師資格を取得し、秋田県立衛生看護学院の看護科2年課程に進学。


18~20歳
ドラマ「白い巨塔」にハマる。
看護師の資格を取得。
医療看護への「ハングリー精神」を感じた中通総合病院に就職する。


20歳 看護師1年目
血液浄化療法部に所属。
透析看護は学べば学ぶほど興味深く、飽きずに勉強する。
看護師の固定チームナーシング小集団活動でフットケアチームとなり、「フットケア」と出会う。
定期的なフットアセスメント・フットチェック・ケアについて学び実践する。

22歳 看護師3年目
学会に参加し発表する。
・東北腎不全研究会 「当透析室におけるフットケアの課題と取り組み」
http://www.akitajinfuzen.jp/archive/file/seminar/no10/seminar10-19.pdf
画像


チームリーダーを経験し、リーダーシップについて悩み、勉強する。コーチングに出会う。
BLS/ICLSを受講し、急変時対応について学ぶ。

透析療法従事者研修で山形の病院に実習に行くが尊敬する先生は不在。
しかし素晴らしい栄養士さんに出会い、刺激を受ける。

透析技術認定士の資格を取得する。

透析の患者さんは自分の祖父祖母・おじさんおばさん・お兄さんお姉さんのように思い、誠心誠意頑張った。
何度泣いたかわからない。一生懸命取り組んだが、未熟な面も多かったと思う。
一般的な看護師スキル(清潔ケア・吸引等々)を身に付けたくて異動希望を出す。


25歳 看護師6年目
内科病棟(呼吸器・脳外・糖尿病)に異動する。
持ち前の要領の悪さを発揮し、部屋持ちが出来ず、口腔ケア・特殊入浴介助・助手業務を行う。
人生で最もプライドずたずたになった時期だったが、先輩に「なにか一つに特化すればあなたはその分野のプロフェッショナルになれるじゃない」という言葉を貰い、考え方が変わった。
最終的は口腔ケアが得意になり、体力勝負の特浴も好きになった。
3.11の震災を特浴中に経験した。古い病院の壁にひびが入り、浴槽の湯が半分もこぼれて驚いた。

専門的な透析看護をまたやりたくて透析に異動する。


27歳 看護師8年目
血液浄化療法部で透析患者への看護を行う。
患者個々のADLや足病変発生リスクに応じてフットケアを出来るよう、部署内のフットケアチームで足病変リスクのアセスメント方法や観察頻度について検討・実践し評価・再実践する。ケアが継続できるよう部署内で指導する。

学会発表
・日本看護学会 「透析看護師のフットケア活動と外来透析患者の意識調査」

「看護師がフットケア頑張ったことで患者さん達が足のことを意識しはじめた、でもまだ気にしてない人もいるから引き続き指導が必要」という内容をデータとともに発表した。


日常業務・受け持ち業務・研究・学生指導・複数のチーム活動等々、頑張ったが、体調を崩して休職する。
どの業務もやりがいはあったが、身体のメンテナンスが出来ていなかった。良くも悪くも多くの学びを得た。

体調不良・長期の資格取得研修・転居予定などいろいろな理由により30歳(2015年1月)で退職する。
やめたことに後悔はないが、家族のように思っていた患者さん達のことが心残り。元気でいてほしい。


平成27年度
2015年3~4月
31歳 看護師12年目
今までフットケアを学ぶなかで、ドイツには「フスフレーゲ」という資格(仕事)があることを知っていたので、
東京にドイツ講師が来日して実技を教えてくれる「フスウントシューインスティテュート」のセミナーを受講し、フスフレーガーの資格を取得する。

日本フットケア学会認定「フットケア指導士」の資格を取得する。

6月
施設等に訪問して医療的フットケアや講習を行う「あきた訪問フットケア」を開業する。

画像

画像


7月
秋田市の美容皮膚科にパート看護師として就職する。

8月
整骨院への訪問フスフレーゲ実施。
ラジオ出演(FM秋田 ケアファミネット https://www.youtube.com/watch?v=I_0VPPt2SfQ )
足のケアを秋田に広める活動を行う「asita」発足、初期メンバーとなる。
画像



9月
美容皮膚科にて皮膚科看護業務と併せて週1回のフスフレーゲを開始。
画像

チラシ改訂
画像



10月
asita主催の『第1回フットケアセミナー』開催。講義と実技の講師を務める。

日本フットケア学会「フットケアセミナー@久留米」参加 フットケア指導士実技セミナー参加・修了


11月
ラジオ出演(FM秋田 ケアファミネット https://www.youtube.com/watch?v=idIDpAFheOk )
『フットケア勉強会』企画するも祖母の危篤・他界と重なり延期。
『足のお悩み相談会』を開催する。
あきた訪問フットケアの活動として、秋田県内各地の高齢者施設ほぼすべてに案内を送り、県北2か所・県央2か所・県南3か所の県内計7か所で相談会を開催。
画像



12月
医療福祉従事者向けの『フットケア勉強会』開始(不定期)座学・実技 @秋田市
ラジオ出演(横手かまくらFM アラ美JOY) フスフレーゲについて話す。
収録中にウオノメを取る実演をしたが機械音しか入っていない。でも喜んでもらえた。


2016年
1月
医療福祉従事者向けの『フットケア勉強会』座学 @県北

2月
フットケア学会@神戸 参加
医療介護福祉従事者向けの『フットケア勉強会』座学・実技 @秋田市

3月
事務所と自宅の転居。
初めての確定申告。
秋田市グループホーム連絡会研修での「フットケア」座学講習 @秋田市
画像



平成28年度
32歳 看護師13年目
4月
美容皮膚科クリニック退職。美容皮膚科における週1回フスフレーゲを終了する。
整骨院への訪問フスフレーゲ実施。
某高齢者施設にてパート看護師として勤務開始。

5月
高齢者施設にて施設の現状や各職種の役割について学ぶ。

6月
高齢者施設との提携型訪問フットケアを試験実施
事務所兼店舗の準備

7月
一般の方向けフットケア勉強会「素足を美しく健康にする方法について」を初開催
あきた訪問フットケア事務所兼店舗OPEN(秋田市)
店舗での医療的フットケア施術・フットケア講習を開始
画像



8月
高齢者施設を退職する(パート看護師)
ホームページとチラシの改訂
画像




9月
医療介護福祉関係者向けのフットケア講習と、一般の方向けのフットケア講習を行う。
店舗での医療的フットケア施術と、皮膚科に受診するのが難しい高齢者宅での訪問フットケア施術を行う。
asita主催フットケア勉強会にて講師を務める。
画像

画像


10月
一般の方向けフットケア講習会「自分の足と靴」を初開催
某透析クリニックにて看護師パート勤務を開始する。
秋田県県南の菅医院さまにて月1回のフットケア外来開始(病院でのフットケア外来開設サポート・技術者提携)
画像



11月
日本フットケア技術協会(JAFTA)の地方会に参加し技術指導を受ける。@青森市
画像


12月
秋田西南地区「足を考える会」第一回の講習会にて講師を務める。@市立秋田総合病院
画像



2017年
1月
某透析クリニックを退職する(看護師パート勤務)。
某介護学校さまにてフットケア講習を行う。(90分×2コマ 実技有) @秋田市
画像



2月
・自主開催のフットケア勉強会開催予定
「2月10日はフットケアの日!爪切り実技勉強会」 @秋田市
画像


画像



・青森フットケア体験セミナー

講師を務める。実技講師:フットケア指導士・フスフレーガー数名
画像


画像


・秋田フットケアチームasita主催 フットケアフェス開催
「asitaフェス」 @秋田市にぎわい交流館au
画像


画像


画像




3月
MEDプレゼン@秋田 プレゼンターとして発表
画像


画像


画像



平成29年度
33歳 看護師14年目
4月
湯沢市 菅医院にて看護師勤務開始予定。(週5日、フットケア外来・透析看護・高齢者看護)
あきた訪問フットケアの事務所兼店舗を移転。今後は【講師活動・フットケア外来】をメインに行う。

画像



5月
菅医院でのフットケア外来を月2回にする。(第2・第4金曜の午後、予約制)


6月
日本透析医学会(聴講のみ) @横浜
多業種フットケア研究会 @山形


7月
湯雄フットケア研究会 フットケア座学・実技講師を務める。 @湯沢市
秋田市整骨院にてフットケア施術を行う。
秋田県長寿社会振興財団(LL財団)主催 訪問介護員向けフットケア講習 @秋田市


8月
秋田県長寿社会振興財団(LL財団)主催 県民介護講座 フットケア講習 @秋田市


9月
秋田西南地区足を学ぶ会 フットケア実技講師 @秋田市

巻き爪矯正法【3TO】実技セミナー受講・ライセンス取得 @大阪 


10月
県南糖尿病合併症を考える会~地域医療構想2025年をみすえて~ @横手市
一般講演 「糖尿病患者の足病変予防~いつまでも自分の足で歩けるように~」発表

ドイツ人講師から人工爪形成・巻き爪矯正法について技術指導を受ける @東京

フットケア外来にて巻き爪矯正法3TOのモニター募集開始(30名限定)


11月
高齢者施設にてフットケア爪切り座学実技90分講習 @湯沢市


12月
高齢者施設にてフットケア爪切り座学実技60分講習 @湯沢市(皆瀬)


2018年
1月
看護学校にてフットケア講習
「フットケア ~足の基礎知識と看護師の役割~」 @由利本荘市


2月
フットケア学会 @福岡国際会議場
【個人事業「あきた訪問フットケア」の活動報告】 
秋田県の高齢者の足を守るために個人事業立ち上げてフットケア施術を個人宅・高齢者施設・当社店舗・整骨院・美容皮膚科・個人医院で行ったけど医師の治療が必要なケースも多いから今後は個人医院のフットケア外来で行っていく、フットケア講習の活動は学会誌の指導士リレーで報告する、啓発営業活動に苦労したけれど「顔の見える繋がり」をつくるために様々な会に参加して情報発信した、いろいろ得た課題をもとに今後も頑張ります!という内容を発表。


3月
事務所引越し(湯沢市→大仙市)


平成30年度
34歳 看護師15年目

4月
ホームページ改訂
https://www.footcare-akita.info/


5月
大仙・仙北地区 糖尿病足病変を学ぶ会 @大仙市 「安全な足の爪切り」実技演習 講師


6月
日本フットケア学会誌 フットケア指導士リレー 活動報告 掲載


7月
日本下肢救済・足病学会学術集会 @札幌  参加
秋田西南地区 足を学ぶ会 フットケア実技講習(グラインダー講習) 講師
画像


8月
湯雄フットケア研究会(秋田県県南の湯沢雄勝地域のフットケア研究会)
一般演題 「菅医院のフットケア外来について」を発表する
画像


岩手県一関市藤沢病院のフットケア外来見学
画像



9月
足育研究会主催「爪セミナー ~爪変形の真髄を考える~」 @東京 参加
画像



10月
糖尿病療養指導士eラーニング研修受講


11月
介護フェア@イオン大曲 講演予定
画像


グループホームにてフットケア講習
健康を求める集い@雄勝 講演





随時、活動報告を記載していきます。




★お知らせ★

秋田市大町の店舗は2017年春に移転致しました。小さくわかりにくい店舗でしたが、お越しいただきまして本当にありがとうございました。また、テナントを貸してくださったきららアーバンパレス様、ありがとうございました。
今後の医療的フットケア施術は、当面は病院でのフットケア外来でのみ行わせていただきます。
2015年~2017年冬までに施術を受けられた方へのアフターフォロー(施術後の相談等)は引き続き行わせていただきますので、何かありましたらご連絡ください。

フットケア講習は現在2カ月先までご予約が埋まっております。ありがとうございます✨
ご依頼の際は、講習をご希望される日から3か月以上前のご予約をお願い致します。

詳しくはホームページをご覧ください。https://www.footcare-akita.info/

*2018年4月からホームページが変わりましたので、大変申し訳ありませんが今までのメールアドレス「info@footcare-akita.com」が繋がらなくなります。ご連絡の際はホームページ「お問い合わせ」からお願い致します。


★私の思い★

私は「高齢者の足を健やかに保つフットケア」を秋田県内全域に広めたいと思っています。
ケアする側も、高齢者も、そして若年者から働き盛りの方まで、県民ひとりひとりが当たり前のように足のケアが出来るような世の中を目指しております。


そして同時に、私は「いち看護師として」生きていきたいと思っております。フットケアの活動もその一部です。
看護師として働きながらあきた訪問フットケアの活動を行っているため、お電話に出られないことが多々あります。
大変申し訳ありませんがご了承ください。折り返しご連絡致します。


フットケア講習は県内全域で行っており、フットケア外来での技術サポートも承っております。
以前のように個人宅への訪問フットケアも行いたいのですが、まずは医師と連携のうえで実績を積み、施術方法や病院・高齢者施設との連携について模索・研究していきたいと思っています。

フットケアは特別なことではなく、ひとりひとりが出来るやり方があります。ちょっとしたコツや知識を得ることで、日々の爪切りが安全に行えるようになり、転倒予防にも繋がります。
各地で講習会を行っておりますので、変形・肥厚した爪や固い皮膚の角質のケア方法など、足のケアについてお悩みがございましたらご相談ください。

私は学会やケアカフェなど様々な交流会・勉強会に参加しているので、どこかでお会いすることがあるかもしれません。
いつかお会いしてお話するのを楽しみにしております!

                                        小松純子

あきた訪問フットケアホームページ→https://www.footcare-akita.info/
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック