ウオノメの芯

ドイツ式フットケア「フスフレーゲ」を習得し【あきた訪問フットケア】を立ち上げてから、いろんなウオノメを見てきましたが、本当に大小さまざまいろーんなウオノメがあります。

深いものもあれば浅いものもあり、芯も1個だけのものから多数点在することも。

大きく深い場合は、タコのなかに数個のウオノメの芯が融合してひとつになっていたりします。
(表面上は見えませんが、削っていくとなかの芯が見えてきます)

施術時に、ハート型のウオノメの芯をみつけました。
あんまりきれいに形作られていて、思わずみとれてしまいました。

画像


完璧なハート型でした。
痛かっただろうなぁ・・・

ふか~い芯がある場合は、1回の施術で全部とりきれません。
(全部とったら足に穴があいてしまいますからね)
時間をかけて、硬い部分が表面に上がってくるのを待ちます。
歩き方や「魚の目ができる原因」を改善していくと、次第にウオノメのサイズが小さくなり、じきに芯がなくなります。

原因はいろいろあるので、すべてを一気に解決するのは難しいのですが。
ハートのウオノメ芯の持ち主様は、改善のための努力をされている。けれど、どうしようもない原因もある。
「虫歯ができて痛くなったら歯医者に行く」ような感覚で、足のトラブルも、フスフレーゲでその都度解決していけます。タコができたら、削る。ウオノメ痛くなったら、削る。
根本的な解決には、身体のゆがみ改善・姿勢の矯正・歩行バランス・靴・基礎疾患治療・などなど様々ありますが・・・。それとあわせて、フスフレーゲを、ぜひ身近に活用していただきたいです。
ラクに歩けることで、日々の気持ちも少し楽になります。
ハートのウオノメ芯も、徐々に小さくなっていくといいなぁ。と思いました。

【あきた訪問フットケア】は今年2016年夏から店舗ができました。訪問より(かなり)割安になっています!
ホームページを現在修正中で9~10月にはリニューアルする予定です。
ご予約は今までと同様にお電話かホームページからお願い致します♪ お電話:070-1147-6047


★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★


来月9月9日は、フットケアの勉強会があります♪

画像


私が講師をさせていただきます。タコやウオノメについてお話します!


asita主催 公開勉強会
9月9日(金)19:00~20:30頃
秋田市老人福祉センター

自分の足、大切な人の足、考えるきっかけにしてみませんか?
無料ですし、誰でも参加できる勉強会なので、興味がある方はぜひいらしてくださいね^o^♪
お会いできるのを楽しみにしております!

あきた訪問フットケア 代表 小松純子


あきたフットケアグループ【asita】主催 イベントページはコチラ
https://www.facebook.com/events/1180638488665871/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック